交通障害発生等に伴う授業措置について
 
埼玉県立松山高等学校
 
1 災害、降雪、交通スト、その他緊急の事態によって、交通障害等が発生した場合の授業措置は、以下の通りとする。
 
2 東武東上線(川越市駅・小川町駅間)が終日運休となった場合、臨時休校とする。
 
3 東武東上線(上記2以外の区間)、高崎線、埼京線、西武線、秩父線等及びバスが運休となった場合は平常授業とする。これらの交通機関を利用しているため通学できない生徒は「公欠」とする。
 
4 東武東上線(上記2の区間)が運行している場合、次の「1・3・5-6・8・10方式」によって授業を行う。生徒は各自、テレビ・ラジオ等のニュースで東武東上線の運行状況を確認し、適切に行動する。
 
(1)「1」時限から授業を行う場合(平常授業)
午前「6」時までのニュースで、運行している場合は、1時限から授業を行う。SHRは通常通り8時40分から行う。
 
(2)「3」時限から授業を行う場合
午前「8」時までのニュースで運行している場合は、3時限から授業を行う。SHRは10時40分から行う。
 
(3)「5」時限から授業を行う場合
午前「10」時までのニュースで運行している場合は5時限から授業を行う。SHRは13時15分から行う。
 
5 上記の基準によっても判断が困難な状況が発生した場合は、校長が判断し、「職員緊急連絡網」「松高お知らせメール」「松山高校HP」等により、教職員・生徒に連絡する。担任は「生徒緊急連絡網」により生徒に連絡する。
 
6 交通障害等による二次災害の危険が予測されるので、生徒は注意して登校する。