教育目標

建学の精神 「文武不岐」は松高教育の柱であり精神です。

揮毫:吉田鷹村
東京学芸大学名誉教授
(旧制12回卒)

 文武不岐」の「文」は学問、「武」は部活動を意味します。 松山高校は勉学・部活動に分け隔てなく励む生徒で活気と爽やかさに満ち溢れています。




  • 教育方針
  本校においては、教育基本法に示された教育目標達成のため、中学校における教育の基礎のもとに全人教育を目標とし、 個人的各能力の向上発達をはかる共に、社会人としての能力の増進をはかり、平和的民主的な国家及び社会の有為な形成者の育成を期する。
  • 教育目標
  本校の教育目標達成のため下記の方針により、各教科指導、その他あらゆる教育活動をとおして人間の理想像形成に努め、生徒の指導を行う。
  1. 真理と正義を愛すると共に、個人の価値を尊重する観点を養成する。
  2. 自己の責任を重んずる気風を培うと共に、自主的精神の涵養に努める。
  3. 健康の増進をはかると共に、明朗にして質実かつ剛健の気風を培い、規律と友愛の精神を育成する。
  4. 勤労を愛し、その理解と認識を深め、職業の選択に適正を期するように努める。

 

校章

本校校章は、昭和21年生徒からの募集により集まった中から、美術担当の宮本竹治先生が選び、修正して制定。昭和23年春から用いられている。

 図案は校名にちなみ松の枝を描き、その先端に若い松の芽が伸び、この枝を三方に安定感のある正三角形に配置し、更に松枝の触れ合う部分にはカワラナデシコの花弁を置き,中央に力強く「高」の字を浮き出させたものであり、松の芽・カワラナデシコにより、松高生の若々しく成長する姿と期待を表現している。

 

校歌

♪ 校歌の由来

 「ゆかりの色の紫にほふ」という格調高い歌詞ではじまる松山高校校歌は、大正14年、作詞 新井槇治氏作曲 弘田龍太郎氏の手によって誕生しました。旧制松山中学開校3年自のことです。

 初代校長若月秀吉先生は、校歌制定にあたって全校生徒から歌詞を募集しました。生徒の訓育にあたって、自発性を尊童し、愛校精神を育もうとされた若月先生の先進的な試みは、他校に類を見ない画期的なもので、先生の教育者としての遺徳が偲ばれます。

 生徒の応募作品の中から4点か絞られ、最終的に新井槇治氏の作品が選ばれました。この歌詞に、国語科の山本洋一・松崎嘉一両先生が朱筆を加えられ、さらに山本先生の恩師である東京師範学校教授吉田弥平先生が推敲加筆されました。そして、文部省の検定を経るべく若干の修正が加えられて現在の歌詞が出来上がったのてす。

 原作者の新井槇治氏は撰文にあたり、若月校長の定められた校訓を盛り込むことを第一の基本にしたと述懐されています。その校訓とは、「責務を自覚し、白治自立の人たるべし」「心身を鍛練し、剛健勇猛の人たるべし」「人格を尊重し、和衷協同の人たるべし」の3箇条です。ここに示された精神は校歌の中で「自治の精神、進取の気象」「心を養ひ、身を練り鍛ヘ」「剛健勇猛、至純の操」「和衷協同、久遠の理想」という歌詞に結実されました。郷土にあって心身を錬磨し、高い理想を掲げて揺るぎない立志の心を養い、豊かな人格をもって隣人と共に歩む精神 ―― 極むるところ「文武不岐」の教えは、こうして校歌の中に脈々と生き続けることになりました。

 松高校歌は戦時中もそのまま歌い継かれてきましたが、その事実か不思議に思えるほど自由でおおらかな雰囲気を持っています。これはこの作品が大正デモクラシーを背景とした時期の作成であることを考え合わせると、なるほどと頷けます。

 ところで、校歌冒頭の歌詞「ゆかりの色の紫にほふ」「紫」は、現在ではその野性種をほとんど見掛けなくなりましたが、奈良峙代以前から江戸時代末期まで1500年もの長い間、関東一円に咲き誇っていた草花です。その花は白色で小さく、目立ちませんが、根は紫根染めの原料として大切に管理されました。そのためか、「紫にほふ」という語は武蔵野を象徴する冠辞として多用されたのです。『万葉集』をはじめ古典文学の中でも紫色は高貴な衣服の色彩として君臨し、華麗なロマンを秘めた禁色として扱われてきました。武蔵野の一角、比企丘陵に立つ松山高校の、校歌の冒頭を飾るに相応しいものと思われます。

 校歌の作曲は、当時東京音楽学校教授であった弘田龍太郎先生に依頼されました。弘田先生は歌曲や童謡を数多く作曲された日本で有数の作曲家で、代表的な作品に「浜千鳥」「叱られて」「小諸なる古城のほとり」などがあります。松高校歌の独特な荘重さと雄大さは、先生の才能が遺憾なく発揮されたその結晶であり、数多い校歌の中の名曲の一つであると言えます。

 こうした経緯で作られ、歌い継がれてきたすばらしい松高校歌です。私たちは今後も誇りを持って大切にしてゆきたいものです。

第19代校長 山岸陽造


♪ 松山高等学校 校歌すぐに再生する(男性4部合唱 1番のみ)
Windows Media Playerなどの再生ツールが必要です。お使いのモデムや回線状態によってかなり時間がかかる場合があります。
 
ゆかりの色の紫にほふ
武蔵の野辺は我等が郷土
松の緑といや年の端に
我学校の栄ゆく姿
自治の精神進取の気象
これこそ我等が若き心よ
今ぞ我等若し
いざ学べ友よ共に

燃ゆる希望のゆく手に立てる
気高き富士は我等が鑑
肌つんざく秩父おろしに
心を養ひ身を練り鍛へ
剛健勇猛至純の操
これこそ我等が若き生命よ
今ぞ我等若し
いざ励め友よ共に

若草萌て雲雀は歌ふ
都幾の川原は我等が天地
のどけき春の光を浴びて
翼もかろく我等は飛ばん
和衷協同久遠の理想
これこそ我等が若き望よ
今ぞ我等若し
いざ歌え友よ共に