SSH
12345
2019/08/09

バイオサミット

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

生物部の2,3年生が7月29日(月)~31日(水)に山形県鶴岡市で開催されたバイオサミットに参加し、
「多目的に使用可能な微生物殺菌剤~トマトとランの病原菌、アレルゲンになるカビの抑制」という研究を発表してきました。

これはランの共生菌の研究中に偶然見つけた抗生物質を出す菌の研究で、去年の春ごろから研究を続けてきたものです。

この発表で松山高校生物部は厚生労働大臣賞を、発表者の生物部3年熊木君は審査員特別賞を受賞しました。







生徒の感想 金沢賛 (川越市立富士見中学校出身)

山形県鶴岡市で行われた第9回高校生バイオサミットin鶴岡は全国の高校生が研究の成果を発表したり、議論したりする大会です。
大会には一次審査を通過した75本のハイレベルな研究が集まっていました。

私はこの大会でいかに楽しく研究を行い、それを分かりやすく的確に、興味を持ってもらうよう表現することが重要かを学ぶことができました。
また、研究内容で厚生労働大臣賞を、発表者の先輩は個人で審査員特別賞を受賞し、努力してきた成果が認められてとても嬉しく思います。
今回の経験を大事にして、来年も同様に優れた賞を目指して努力し続けていきたいと思います。


10:37 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/08/09

地学フィールドワーク

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

7月28日(月)~31日(水)にかけて、地学部1,2年生が、長野県戸隠村と新潟県糸魚川市方面へSSフィールドワークに行ってきました。

 

 

 

 

 

生徒の感想 岸川涼(日高市立高根中学校出身)

僕たち地学部はSSフィールドワークで糸魚川、戸隠へ巡検に行きました。
野尻湖のナウマン象発掘、糸魚川ー静岡構造線、フォッサマグナ、翡翠、化石、土地の歴史について学びました。
この行事を通して糸魚川などフォッサマグナ地域の歴史を知ると共に、日本の誕生について知ることができました。
また、数多くの山や地層の露頭はこの土地の歴史を感じさせてくれるものでした。
裾花川で採集した化石はクリーニングし、研究に利用していきたいと思います。


10:04 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/07/12

SS数学講義

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2
7月8日(月) 東京電機大学 理工学部 教授 硲文夫先生をお招きして、理数科2年生を対象に「バーコードの不思議」というタイトルで講義をしていただきました。

 

 

 

 

生徒の感想 熊木 天志 (川越市立初雁中学校出身)

今回の講義では、バーコードの下にある数字13桁のうち分かっている12桁を使って残りの1桁を求めるという事と、13桁の数字のうち隣り合うどこかの2桁を入れ替えて、そのペアを求めるという内容でした。

一見数学と何の関係もないバーコードですが、その仕組みには数Aの「整数の性質」が使われていることには驚きました。
僕たちの知らないだけで自分たちは数学に囲まれて生きているのだと感じました。

「万物は数である」とピタゴラスが言ったように、数学は僕らに論理的思考を養ってくれるだけでなく、人間の生活の大部分を支えてくれていることへ、改めて数学への敬意と感謝の気持ちを感じました。
17:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/06/18

SS講義 「日常生活と水環境」

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2
6月10日(月)国際科学環境センター 研究推進室 水環境担当 担当部長の木持謙先生をお招きして
「日常生活と水環境~私たちに何が出来るか~」というタイトルで講義をしていただきました。

人間活動、とりわけ私たちの何気ない日常生活が、水環境や生態系に及ぼしている影響について解説していただき、
汚濁負荷の削減、および汚濁水環境の浄化の両面から、どのような対策がなされているか、
私たち自身にどのような取り組みが出来るのか、等についても講義していただきました。

また、実際にパックテストを使い、市野川の水、水道水、雨水、ビオトープの水の水質を調べました。


 

 

 

生徒の感想 井田秋蔵(東松山市立東中学校出身)
今回のSSH講義では、埼玉県の水環境についてとBOD(生物化学的酸素要求量)やCOD(化学的酸素要求量)についての講義を受けた。
また、パックテストを使い雨水や水道水、市野川の水質を検査する実験を行いました。
川のきれいさは現地測定項目である天気、気温、水温だけでなく、pH、BOD、農薬などの実験室測定項目があり、様々な視点で川のきれいさについて調べることができると思いました。
また、水生生物によって水質を判定できるのも視点の1つだと思いました。
川のきれいさを調べるために実際にその川に行き、実際にその川について様々な視点で研究する自然科学はとても好きになれたので、積極的に探求していきたいです。
14:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/06/10

SSH英語研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

6月8日(土)
SSH英語研究発表会を松山市民活動センターで開催しました。
理数科3年生にとっては、松山高校に入学してからずっと取り組んできた、探究の授業の総まとめの場となります。



SSH英語研究発表会の予選で選ばれた物理、化学、地学、生物から9本と熊谷西高校から1本の合わせて10本の発表がありました。

 

 

 

 

質疑応答では外国人の方から英語で質問を受けたり、本校生徒からも多くの質問が出されたりしました。

その後、2階の展示ホールですべての研究の英語によるポスター発表を行いました。


 

松山女子高校の生徒も見学参加をしてくれました。
外国人の方から英語で質問を受け、英語で答える場面もありました。


 

 
また、熊谷西高校、大宮北高校からもポスターが出展され、他校生徒とも積極的に質疑応答をしていました。

最後に3年理数科の生徒たちは外国人の方々と交流会がありました。

 

 

 

 

英語研究発表に向けて、英語のネイティブスピーカーの方々と何度もやりとりをしていたこともあり
生徒たちは積極的にお互いの文化や好きな食べ物などの話を英語でしていました。


生徒の感想

1年理数科 池田康佑 (坂戸市立浅羽野中学校出身)
SSH英語研究発表会では理数科3年生が研究したことを英語で発表したり、質問されたときも、しっかりと質問を聞いて、英語でそれに答えていたので、とてもすごいと思いました。
自分はSSH英語研究発表会で、科学的なことを倫理的に考えることが大切だということがわかりました。
なので、これからは理論的に考えることができるようにしたいです。


2年理数科 笠原颯我 (坂戸市立若宮中学校出身)

SSH英語研究発表会で、様々なことを学べ、とても充実した1日になりました。
この発表会では、3年生の理数科による物理、化学、生物、地学それぞれの英語発表や他校の生徒による発表などがありました。
これらの発表の中で一番印象に残ったのは「多細胞化する利点について」という研究です。
これは単細胞生物が多細胞化することによって、どのようなメリットがあるのかを研究したものです。
英語を理解するのは困難でしたが、大変興味を引かれたので英語で思い切って質問してみました。
すると、分かりやすい英語で説明してくれたので、とても良かったです。

3年理数科 小林巧実 (寄居町立男衾中学校出身)
英語研究発表会は、私たち3年理数科にとって今までやってきた研究の集大成となりました。
そのほか、発表においては熊谷西高校の方が参加してくださり、ポスター発表でも大宮北高校の方が発表を行ったりと、他校の方々との交流もありました。
また、外国人の方々との交流もあり、非常に内容の濃い半日を過ごせました。

発表会では代表者が熱心に練習してきた成果を十分発揮し、1つ1つのレベルが非常に高いと感じました。
加えて質問も発表が終わる度に増えてきて、時間が足りなくなってしまうこともありました。そういった意味でも素晴らしい発表会であったと感じました。
ポスター発表においては、大学の先生方と研究についてもっと深く話したり、他校の生徒と意見を交わしたりと各ブースにて多くに議論が交わされていたこともあり、非常に面白い内容の濃い時間となりました。

交流会においても、生徒一人一人が外国人の方と積極的に会話をしていました。
ジェスチャーを使ったり、簡単な絵を描いたりと、コミュニケーションをする上で伝えることが難しいものも、一所懸命に伝えようとする姿勢が印象に残りました。

3年理数科 永島友樹 (滑川町立滑川中学校出身)
今回私たちはSSH英語研究発表会を行いました。SSH英語研究発表会とは、1年生の頃からコツコツと研究してきたものを英語で発表する行事です。
会場には大宮北高校、松山女子高校、熊谷西高校の生徒も一部参加してとても盛り上がりました。
私は今まで、英語を使って大勢の前で何かを発表する機会は一度もなかったので、自分の発表を完成させるのにとても苦労しましたが、この行事を終えてみると、とても貴重な経験ができたと思います。
大学に入ってからも、英語を使った論文発表などがあると思うので、今回学んだことを生かしたいと思います。


18:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/06/03

SSH英語研究発表会予選

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2
5月31日(金) 3年理数科探究の授業でSSH英語研究発表会の予選を実施しました。
 
 

  

 

そして英語のネイティブスピーカーの方や本校職員、生徒の評価により、以下の9本が選ばれました。


これらの研究は6月8日(土)13時より松山市民活動センターで実施するSSH英語研究発表会で発表します。
また、すべての研究はポスターセッションで発表します。
14:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/05/22

SS科学探究 物理

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2
5月13日(月)1年理数科の科学探究の時間に、探究物理の授業を行いました。

 

 

 

生徒の感想 石井悠斗 (富士見市立勝瀬中学校出身)

今回の授業は、SS科学探究についてのガイダンスで研究とは何かについて話を聞きました。
内容は「学習」と「学問」の違い、課題研究のステップについてや、実験をするときは仮説を立てることなどです。
講義の後、実際に真空と水素入りのボンベはどちらが重いかや生卵は立てられるのかといった実験をしました。

仮説を立てて実験を行うことで、結果だけでなくその理由も考えながら実験を行うことができました。
また実験後、先生が話していた「出来ないと思ってやったら、出来ることも出来なくなってしまう」という言葉が今後の探求や、勉強、運動、日常生活でも言えることなのではないかと思いました。
今回は物理でしたが、この後化学、生物、地学の授業があり、その後4科目に分かれて探求をしていくので、今回のことを踏まえて今後もやっていきたいです。
17:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/05/17

SSH英語生徒発表会準備

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2
10日後に迫ったSSH英語生徒研究発表会のクラス内予選に向けて、3年理数科の生徒たちが英語でのプレゼン練習を熱心に行っています。

生徒たちはネイティブの先生に読んでもらった発表原稿を録音し、それを聞きながら発音の練習をしたり、

発表の仕方や英語での受け答えについて指導を受けていました。

 

 

 

 

クラス内予選は5月31日金曜日。

より良いプレゼンのために練習を重ねています。
17:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/05/16

令和元年度 英語による生徒研究発表会のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員99
令和元年度 英語による生徒研究発表会のご案内
 6月8日(土)午後、松山市民活動センターにて、標記発表会を開催いたします。
 皆様のご参加をお待ちしております。

 英語発表会ご案内.pdf  市民活動センター案内.pdf


 ※ 本校保護者の皆様のご参加もお待ちしております。(後日生徒を通じて、ご案内申し上げます。)
08:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/05/08

理数科オリエンテーション

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

4月22日(月) 1年理数科を対象に理数科オリエンテーションを実施しました。
SSH主任や理数科担任、理数科2,3年生の先輩からSSHや理数科について説明がありました。

 

 

生徒の感想 朝倉諒 (川越市立霞ヶ関中学校出身)

今回の理数科オリエンテーションでは、理数科2,3年生の先輩からSSH指定校ならではの利点や、理数科担任の先生方から高校での生活の仕方などを詳しく聞きました。

1つめの先輩の話は、SSHの活動の体験談や、やってみて思ったことを聞けました。SSHの活動は大変だけど、他の高校ではできない特別なことができることがわかりました。

2つめの、理数科の先生がたの話では松高で生活するうえで、どのような姿勢で過ごしたらいいのかを知ることができました。
そこで、松高では他人に対し思いやりを持つことが大事だと改めて感じました。

このオリエンテーションで僕は、勉強や生活に対する姿勢を改善しようと思いました。


14:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345