SSH
12345
2019/01/15new

第62回日本学生科学賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

12月22~23日に第62回学生科学賞が開催されました。

日本学生科学賞とは戦後日本の復興期に科学教育の振興を願い、未来の優秀な科学者を生み出すため「国際地球観測年」の1957(昭和32)年に創設された賞です。
理科教育に基づく中学・高校の公募のコンクールとしては、国内で最も伝統と権威のあるものです。

生物部は「多目的に活用できる抗生物質生産菌の選別」というタイトルで出展し、惜しくも入賞は逃しましたが、入選1等の結果を残しました。


 


生徒の感想 月村匠 (富士見市立富士見台中学校出身)

今回私たちが参加した第62回日本学生科学賞は、非常に長い歴史があり高校生が参加できる大会の中では最高峰の大会です。大会には、全国数万点の中から中央最終審査を通過した非常にレベルの高い20作品が集まっていました。

私は、このように非常に大きな大会に出るのは初めてでしたが、審査員の方にしっかりと研究の内容を伝え、難しい質問にわかりやすくかつ正確に答える力を身に着けることが出来ました。

今回は惜しくも入選1等という形になってしまいましたが、今後はさらに研究を進めていき、さらに優れた結果を残せるように努力したいと思います。


09:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/01/08

さくらサイエンスプログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

12月18~19日の二日間にわたり、大宮北高校で開催されたさくらサイエンスプログラムに松山高校2年理数科の生徒4名が参加してきました。

1日目
 

 




2日目

 

 

 
 

 

生徒の感想 花城雄麻 (ふじみ野市立福岡中学校出身)

僕たちは大宮北高校が実施している「さくらサイエンスプログラム」に招待され、参加してきました。

大宮北高校は台湾の台北市立松山高級中学(日本でいう高校)と交流していて、名前が似ていというつながりで僕たち松山高校も招かれたのです。

まず、松山高校、大宮北高校、台湾の松山高校の3校合同で10班に分かれました。本活動では一日目にペーパーブリッジのアイデア決めと大宮北高校内でトレジャーハントを行い、二日目にペーパーブリッジ競技会を行いました。

ペーパーブリッジとはその名の通り、紙でできた橋のことで、今回のルールはA3用紙二枚、テープ50cmで橋を作り、その上にオモリおいていくというものでした。

班の中でアイデアを出して話し合う時は、日本人同士でも英語で話す必要がありました。日本語で話してしまうと、台湾の生徒には通じないからです。

台湾の生徒と話すときも、こちらの拙い英語と、どちらもネイティブでは無いということが影響し、意思疎通が難しい場面が多々ありました。ですが、段々とコミュニケーションが取れるようになり、何とかアイデアを固めることができました。

午後に行われたトレジャーハントでは各班が校内のあちこちに宝を隠し、他の班がヒントを頼りに探すというものでした。ヒントの中には数学を用いたりパズルを用いたりしなければ解読できないものもあり、予想以上に難易度が高かったです。

二日目のペーパーブリッジの競技会で僕たちの班は10グループ中4位で、乗せることのできたオモリは40個でした。1位のグループは99個も乗せることができていました。
競技会の前には自分たちの作った橋の構造やポイントについて英語でのプレゼンテーションも行われ、とても楽しい雰囲気で活動することができました。

私はこの活動を通して、英語の便利さを感じたと同時に、英語を学習することの重要さを痛感しました。国は違えど英語があれば仲良くなれるし、教えることもできます。

これほどに便利なものはありません。この経験を活かし、受験のための英語だけで無く、コミュニケーションとしての英語も学習していきたいと思います。


 


10:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/10

松山第一小理科教室

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

12月3日㈪ 松山第一小6年生の児童66人を招いて理科教室が実施されました。
児童たちは、物理、化学、生物、地学の4分野に分かれてそれぞれ実験に取り組み、理科系部活動の生徒たちがアシスタントとしてサポートに入りました。


【地学分野】
地学分野ではコハクを磨いてその中に閉じ込められた虫の化石を探しました。

 

 

児童の感想

●コハクがとても綺麗でやってよかった。虫が少し気持ち悪かったけど、いい経験になった。

●コハクが大きくて満足しました。またやりたいし、いろいろと知りたいです。

●コハクの中に虫がいて、頑張ってみがいたかいがありました。勉強になりました。

生徒の感想

●前日の反省点を活かして理科教室に臨むことが出来た。教え方も詳しく丁寧にすることが出来た。

●小学生の勉強になってくれれば良いと思います。

●楽しかった。


【生物分野】
生物分野ではホタルが発光するのと同じ仕組みを利用して酵素の働きについて学びました。

 

 


児童の感想

●ホタルの光の実験は興味深くて楽しかったです。教え方も分かりやすかったし、高校生の方たちも優しくしてくれたので、とても良かったです。今回の行事でぜひ、松山高校に入学してみたくなりました。本当に楽しかったです。

●小学校ではやったことが無かったので、初めてで楽しかったです。「こう素」というものは、温度の変化と酸性、アルカリ性に弱く、A液とB液を混ぜると光ったり熱や酸とアルカリで消えたりすることが分かりました。内容は難しかったけど、とても分かりやすくて良かったです。


●光ったり消えたり面白かった。温度やアルカリによって色が変わるのがすごかった。光ってるのに熱くないのがすごい。

●AをBに入れたしゅん間に、パッと黄色に光るのがとてもキレイでした。塩酸や水酸化ナトリウムを入れると、消えたり光ったりして面白かったです。温めるとスッと消えて面白かったです。楽しい教室でした!


生徒の感想

●小学生に教えるときに、自分で理解出来ていない部分があったことに気づきました。また、口で教えることの大切さに気づきました。楽しかったです。

●説明する相手のレベルに合わせて分かりやすくするのも出来た。児童の反応を感じられて嬉しかった。自分の授業で習ったことを確認出来た。


【化学分野】

化学分野では紫キャベツの色素を使って水溶液の酸性、中性、アルカリ性について学び、紫キャベツの色素液を使ってスライムを作ったり、pHの違いを利用してメスシリンダーの中に虹色を作りました。

 

 

児童の感想

●リトマス紙を使わなくても水よう液のせいしつを知ることが出来て楽しかったです。

●虹色メスシリンダーを作ってみて、作るのが難しかったけど仕組みが分かりました。スライムが中性なことが分かりました。

●とても分かりやすくおしえてくれたので、安全に取り組めました。楽しかったのは特にスライム作りです。今日はありがとうございました。


生徒の感想
●小学生たちがとても喜んでいて、見ているこちらも楽しかった。中学校でも化学に興味を持って取り組んでもらいたい。

●小学生が楽しんでいたので良かったです。

●説明しながらアシストするのは難しかったです。

 

【物理分野】
物理分野では偏光板を使って光の性質を学びました。偏光板ですり抜けBOXを作成したり偏光板にセロテープを貼って色がかわる実験をしました。
また、物理部が取り組んでいるライントレースロボットを披露しました。

 

 

児童の感想
●すり抜けBOXはかべが中にあるはずなのに、ストローをいれたらかべをすりぬけておどろきました。とても楽しかったです。このことについてもっと調べてみたいです。
●物理に参加して、へんこうばんの特ちょうなどをしることができました。

●かべが無いのにあるように見えるのが不思議でした。

●どうしたらこのような性質をもつ板になるのか疑問に思いました。また、どうしたら板があるように見えるのかも疑問に思いました。セロテープをはって色がかわって見えたのも不思議でした。


生徒の感想

●小学生に対して光の仕組みをわかりやすく説明することができてよかったです。


10:34 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/26

サイエンスフェア

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

11月18日日曜日 第25回「埼玉県産業教育フェア」と同時開催された「高校生によるサイエンスフェア」に化学部が参加してきました。

サイエンスフェアは、楽しい科学実験や研究発表などを通して、小中学生に科学への興味、関心を高めてもらおう、というイベントです。
松山高校化学部は、蓄光剤を入れた光るスライム作りを来場者に体験してもらいました。

 

 

生徒の感想 大嶋耕平 (嵐山町立玉ノ岡中学校出身)

私たちは「新スライムを作ろう」を題材に幅広い年齢層へ向けた科学教室を行いました。内容はスライムに蓄光剤を入れ、光るスライムを作るものです。私はこの機会で、自分では気づかなかった観点からの疑問を見いだすことが出来ました。また、それを調べることが科学的思考を高めるものとなりました。
当日は科学教室の他にポスター発表がありました。他校の研究を見ることで、自分の研究につながることに気づいたり、様々な分野に興味が湧き、より理科的なものが好きになりました。


11:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/19

山車ロボット

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2
11月11日 日曜日にウエスタ川越で行われた「かわごえ産業フェスタ」の会場で、東洋大学が主催する「川越まつり山車ロボットコンテスト2018」が開催されました。
今回で13回目となる大会で26名の高校生が参加しました。本校からは物理部1,2年生の3チームが参加しました。

 

 

 

生徒の感想 清水脩平 (川島市立川島中学校出身)

松山高校物理部は、11月11日に開催された東洋大主催山車ロボットコンテストに参加しました。この大会は、川越まつりの山車を模した、自分たちで作ったオリジナルのロボットをコースで走らせて演技し、得点を競う大会です。
今回物理部からは、2年チーム1組と1年チーム2組が参加しました。ロボットのプログラミングがうまくいかず、本番当日も大慌ての中、挑むことになりましたが、なんとかロボットを走らせることが出来、最終的に全員が賞を取ることが出来ました。
この大会を通して、他のロボットからアイデアを得ることが出来たので、今後のロボット製作に生かして、もっと完成度の高いロボットを作れるよう努力していこうと思います。
17:59 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/11/19

筑波大学・サイバーダインスタジオ見学

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

11月14日水曜日 理数科2年生が筑波大学に行き、大学模擬授業の受講や研究基盤総合センターで加速器の見学をしたり、最先端のロボット技術に触れることが出来るサイバーダインスタジオで実際に介護ロボットの体験をしてきました。

 

 

 


生徒の感想 杉田将汰 (坂戸市立千代田中学校出身) 
今回は茨城県にある筑波大学とサイバーダインスタジオの2つの施設を見学した。
筑波大学では「光が関係する化学現象を例として」という講義をして頂いたほか、松山高校OBの方の話や様々な分野の話を聞いた。
サイバーダインスタジオでは、介護ロボットHALの操作体験を行った。
実際に足を運んで施設見学が出来る数少ない経験で、皆熱心に見学していた。私は将来ロボットを作る職業に就きたいと思っているため、ロボット操作体験は非常に良い体験になり、将来に生かしていこうと思った。
今回の経験を通して大学の選び方を見直ししても良いかもしれないと思った。


17:08 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/11/19

科学探究 物理

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2
理数科1年生の科学探究の授業で、物理選択者が霧箱の実験をしました。

 

 

生徒の感想 川島弘輝 (熊谷市立熊谷東中学校出身)

SS探究の授業で、霧箱を使った放射線の実験を行った。この実験では、見ることのできない放射線を蒸気の凝結作用を利用して間接的に観察した。放射線が霧箱の中を通過すると、その通り道に沿って霧粒の集まりが出来、放射線が飛んだあと(飛跡)を観察することが出来た。
この実験を通して私は、放射線を霧箱を用いて間接的に見ることが出来る点に驚いた。実験では霧箱内の温度を十分に冷やすことを意識した。飛跡は、飛行機雲のようなもので、かなり速い速度で動いていた。実験を行うことの大切さを理解できたので、自分たちが行う実験でも生かせるようにしたい。
15:49 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/07

科学の甲子園

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2

11月4日㈰に埼玉県立総合教育センターで開催された第8回科学の甲子園 埼玉県大会に、1年生1チーム、2年2チームの計3チームがチャレンジしてきました。
科学の甲子園は筆記競技と実技競技があり、筆記競技は 理科(物理・化学・生物・地学)、数学、情報について、知識を問う問題・知識を活用する問題をチーム6人で協力して解答します。実技競技は事前に示された課題に取り組みました。


 

 

 

生徒の感想 1年 鯉沼颯太 (鶴ヶ島市立西中学校出身)

この大会では前半に物理、化学、生物、地学、数学、情報のテスト、後半は与えられた条件のもとで行う実技の2つに分けられます。今年はバトミントンのシャトルを1.82mの壁を越えて2.5m先の的の中心に落とすものでした。どちらも6人で協力して行います。
僕は数学、情報を担当しました。情報のテストはあまり出来ませんでしたが、数学では友達と協力して何とか解くことができました。この時、友達と協力し合えることは素晴らしいことだと感じました。来年もまたこの大会に参加して、次は情報でも点を取り、今まで以上に仲間と協力して優勝を目指します。


2年 須田悠太 (川越市立大東中学校出身)

私は今回の科学の甲子園に出場して、多くの貴重な経験を得ました。筆記では、普段習っている基礎をどのように組み合わせて証明するかを考え、学友と意見交換をすることで、様々な観点から、どうその問題を解いていくかを知りました。また、実技ではいかに工夫し、油断せずに完成度を上げていくかの大切さを知りました。普段考えないような内容を問われる筆記、どのような方向にも自由に工夫可能な実技を通して、自分の未熟さや頭の固さを知りました。
14:01 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/11/06

科学展

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2
9月29日(土)、30日(日)に東洋大学川越キャンパスで理科振興展覧会(科学展)西部地区展が行われ、西部地区11校から30点の出品(内2点は展示のみ)がありました。

松高からは生物部・化学部・地学部が参加しました。各部の研究タイトルは以下のとおりです。

生物部「多目的に活用できる抗生物質生産菌の選別」
化学部「振動反応における配位子の代替」   「水素検知シートの作成」
地学部「遠くの山はなぜ青く見える」

 

 

審査の結果、化学部2点の研究が優良賞、生物部、地学部の研究が優秀賞となり、優秀賞の2点が中央展に進み、生物部の研究が埼玉県2位となる県会議員議長賞に選ばれました。

今後、提出した論文が認められれば生物部の研究は12月に実施される日本学生科学賞に出展されます。
10:02 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/11/01

科学の甲子園 準備

Tweet ThisSend to Facebook | by 教員2
第8回科学の甲子園 埼玉県大会が11月4日㈰に埼玉県立総合教育センターで開催されます。
松山高校からは2年生2チーム、1年生1チームが参加予定です。

生徒たちは遅い時間まで、事前に示されている課題に取り組んでいます。

2年生Aチーム
  

1年生チーム

 

当日は実力を発揮して頑張ってほしいですね。
17:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345